個人再生

個人再生とは?

個人再生とは、債務整理の手続きの一つで、裁判所に申立てをして借入れの大幅なカットをおこない、残りの借入れを計画的に支払いしていく手続きです。
まず、裁判所に申立てをし、借入れを整理、調査した上で大幅な借入れのカットをおこない、そして残りの借入れを裁判所が認めた計画によって分割で支払いをしていきます。

個人再生の手続きは、住宅ローンなどを除く借入れ総額が5000万円以下の個人債務者が対象で、将来にわたり安定した収入を得ることが見込まれ、その収入で継続的に支払いができる場合に利用できます。

メリット・デメリット

  1. 借入れの大幅なカットで自己破産せずに済む
  2. マイホームを維持しながら債務整理ができる
  3. 住宅ローンの支払いを一時的に先延ばしにできる
    etc…
  1. 申立てから決定まで約半年ぐらいの長い期間がかかる
  2. 原則3年間は支払いを続けていかなければならない
  3. 原則、再生中に収入が減っても決められた計画に従い返済しなければならない
    etc…

個人再生と自己破産の違い

個人再生と自己破産の違い

*免責不許可事由については自己破産ページをご覧ください。

上記のように個人再生と自己破産には違いがあり、最大のポイントは、個人再生は借入れの一部でも支払いをする、自己破産は借入れを全額免除してもらい支払いをまったくしないということです。

気持ち的にはどんな形であれ一部でも支払いをして、支払い終えたいという気持ちもあり、また債務 整理の手続きの中でも個人再生は自己破産より一見魅力的に見え、個人再生を希望される方は多いですが、単に金銭面のことのみを考えた場合は借入れを全額免除される自己破産のほうが負担は少なくなります。

個人再生は、ご依頼者の生活状況や将来に渡る安定した収入があって再生計画に沿って継続的に支払いできることが、大きな要因となり、個人再生ができる、できないが決まると言っても過言ではなく、個人的な見解では誰でもできるものではなく、個人再生が可能な方は少ないのではないかと思います。自己破産することによるデメリットがない方は、新たな気持ちで人生の再出発を図れる自己破産が適していると考えています。個人再生と自己破産のどちらの債務整理手続きが適しているのかという判断は、私たち弁護士の判断にお任せください。

個人再生の最低弁済額についてはこちらをご覧ください

個人再生の流れについてはこちらをご覧ください

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら