弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】奨学金や自動車の購入・出張の立替などで借入れが増えましたが、個人再生できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様 Qさん 男性 20代 会社員

借入額 約750万円 毎月の返済額 約10万円


Qさんは、奨学金を借りて大学に通っていました。

大学卒業後に就職しましたが、東京で研修をし、地方に転勤となりました。

転勤先で車が必要になり、奨学金の返済も始まっていたために貯金のなかったQさんは、借入れをして車を購入しました。


毎月の給料はあったものの、奨学金の返済、借入金の返済、会社での出張のための交通費の立替などがあったため、出張が続いた時には手元の現金が不足することがあったため、不足分を借り入れるようになりました。

その結果、少しずつ借入額が増えてしまいました。


Qさんは、ご結婚されましたが、そのために毎月の生活費が増えてしまいました。

そこで、新しくカードを作成して借入をまとめようとしましたが、転勤で残業が減り、手取りが減ってしまったため、逆に借入れが増えていくようになってしまいました。


そして、これ以上返済を続けていくことが難しいと考えたQさんは、当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

受任後すぐに各債権者に対して受任通知を発送し、返済をストップさせました。

Qさんと一緒に家計を見直したところ、毎月の収入はあまり多くないものの、返済がなければ給料の範囲内で少し余裕を持って生活ができていました。それに加えてボーナスが多かったため、個人再生で毎月の返済をしていくことは十分に可能でした。


返済がストップしている間に少しずつ弁護士費用をお支払いいただき、残額をボーナス時にまとめてお支払いいただきました。


個人再生を申し立てた後、スムーズに認可決定まで受けることができました。

Qさんはローンのない自動車をお持ちでしたが、査定額で計算したところ債権基準額以下の金額でしたので、自動車もそのまま手元に置いておくことができました。


Qさんは、余裕を持って生活を送ることができ、お子様とも楽しく過ごされています。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


債務整理に関するコラム

個人再生に関するコラム

自己破産に関するコラム




この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理自己破産個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら