弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】投資の失敗や給料の未払いで2000万円を超える借入ができましたが、個人再生できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ホーム  >  債務整理・個人再生コラム  >  個人再生の解決事例  

   >  【解決事例】投資の失敗や給料の未払いで2000万円を超える借入ができましたが、個人再生できますか?


ご依頼者様 Lさん 男性 40代

借入額 約2200万円 毎月の返済額 約40万円→返済総額300万円 毎月の返済額 約8万4000円


Lさんは、収入を増やそうと考えて、給料の一部やボーナスを投資に回すようになりました。

その投資で収支がプラスになったため、借入れをしてさらに投資額を増やしました。しばらくは収支がプラスになっていたため、投資した収益で返済をすることができていました。


Lさんは、さらに投資額を増やして収入を増やそうと考え、だんだんと借入額を増やしていきました。

投資で収益は出るものの、毎月の返済額が増え、給料からの返済では苦しくなってきたため、Lさんは、給料を増やすために転職をしました。

しかし、新しい会社に転職してしばらくすると、会社の業績悪化から給料が支払われなくなってしまいました。

そのうえ、投資でも損失が出ることがあり、生活費や損失補填のための支払で、借入額がさらに増えてしまいました。


Lさんは、新たな転職先を見つけ、給料はもらえるようになりましたが、毎月の返済額が40万円を超えてしまい、返済ができなくなってしまったため、当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

Lさんの生活状況をお聞きすると、給料は多いものの、支出も多い状態でした。無駄な支出を削り、奥様のパート収入と合わせれば、個人再生でも返済をしていけるということが分かったため、生活を立て直しながら、個人再生の申立てを目指すことになりました。


Lさんと委任契約を締結した後、すぐに受任通知を各債権者に対して発送し、以後の返済をストップさせました。

返済がストップしている間に、Lさんには弁護士費用をお支払いいただきました。


債権調査終了後、必要書類を準備し、裁判所に個人再生の申立てを行いました。

Lさんは仮想通貨もお持ちでしたので、仮想通貨の残高についても裁判所に提出しました。


裁判所に反省文を提出し、Lさんにも必要書類の準備にご協力いただいたので、スムーズに認可決定を受けることができました。

Lさんは、返済総額や毎月の返済額が減ったことから、余裕を持って生活を送ることができています。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


関連記事

 多くのお問い合わせをいただいている個人再生について

 個人再生の流れ

 ギャンブル(オンラインカジノなど)やFXなどで借金を返済しようと考えていませんか?




この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら