弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】株の信用取引で損害を出して損失補填のために借入をしましたが、個人再生できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様は、株式の信用取引で損失を出してしまいましたが、損失補填のために銀行や消費者金融から1000万円以上の借入をしました。

しばらくは返済を続けることができていましたが、勤務先の経営悪化のために給料が減額となり、自転車操業に陥ってしまいました。


なんとか返済を続けていましたが、どんどんと返済額が増えていき、返済が困難になったことから当事務所にご相談に来られました。


住宅ローンもあったことから、個人再生を選択し、返済を続けていくことになりました。

大学生のお子様が二人おられたこともあり、可処分所得(収入から税金や健康保険料・政令で定められた生活費を控除した金額)が少なかったので、給与所得者等再生を選択しました。


お子様の教育費などもかかっていましたが、配偶者様のパート収入もそれなりに多かったことから十分に返済することが可能でした。そのため、問題なく個人再生の認可決定を受けることができました。

その後は3年間かけて返済し、再生計画どおりの支払いを完了することができました。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら