弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】ストレスから買い物依存に陥ってしまいましたが、借入れを個人再生することはできますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様は、就職したことによる環境の変化にストレスを感じ、買い物によってストレスを発散するようになりました。

最初は少額の買い物でしたが、些細なきっかけによってクレジットカードを持つようになると、徐々に買い物する金額が増えていってしまいました。


それでもしばらくは給料から返済することができていましたが、給料の額を超えるような買い物をしてしまうようになり、ついには返済のためにキャッシングをするようになってしまいました。

そうすると毎月の返済額はさらに増えていき、ついには返済することができなくなってしまい、当事務所にご相談に来られました。


ご依頼者様は、任意整理で支払うことは困難な金額の借入がありましたが、実家暮らしであったことから返済余力が多かったことや、自分で借りたものはできるだけ返していきたいという思いをお持ちでしたので、小規模個人再生よりも返済金額が少し増えますが、給与所得者等再生の手続を取ることを選択されました。


個人再生の申立て後は無事に認可決定を受けることができ、その後も順調に返済をして、再生計画案通りの支払いをすることができました。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら