弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】家族の病院代と収入減で借金ができましたが、個人再生できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様は、家族の入院費用や病院代が必要となり、親族から借入れをしていました。

しかし、それ以上に病院代が必要となってしまい、銀行や消費者金融などから借入れをしました。


その後に仕事にやりがいを見出せなくなってしまったため、ご依頼者様は別の仕事に転職されましたが、思うように収入を得ることができず、さらに生活が苦しくなってしまいました。

そのため、また以前の職場に戻り、収入も増え、なんとか返済を続けてきましたが、だんだんと借入が増え、返済が難しくなったために当事務所にご相談に来られました。


自己破産も選択肢にあげられましたが、通勤に使う車を手元に残しておきたいことや、少しでも返済をしていきたいというご希望があったため、個人再生を選択しました。

扶養家族も多く、可処分所得が少なく算出されたため、給与所得者等再生の申立てを行い、スムーズに認可決定を受けることができました。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら