弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】給料が下がったので毎月の返済額を減らすことができますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様 Gさん 30代 男性

借入額 約80万円 毎月の返済額 約3万円


Gさんは、飲食店の店長として勤務していました。その際に、自分の小遣いの不足分を補うために借入れを始めました。

店長としての手当もあったため、毎月の返済も小遣いの範囲内ですることができていました。


しかし、店長をしていたお店が閉店となり、他のお店で従業員として働くことになってしまいました。

そのため、給料も毎月5万円ほど下がってしまい、毎月の返済をすることが難しい状況になってしまいました。


そこで、毎月の返済額を減らしたいと考え、当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

Gさんから債務整理を受任した後、すぐに各債権者に対して受任通知を発送し、支払いをストップさせました。

取引履歴の開示があった後、債権者と交渉を行ったところ、利息をカットし、毎月1万5000円をするということで合意ができました。


そこまで返済額が減れば毎月の返済をすることができるということで、Gさんは、その後遅れることなく返済を続けておられます。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。



この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら