弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】勤務先が倒産してしまいましたが、自宅を残すために毎月の返済を減らすことができますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様 Kさん 男性 50代

借入額 約180万円 毎月の返済額 約7万2000円


Kさんは、正社員として勤務している間に、自宅を購入されていました。

しかし、勤めていた会社が倒産し、その間の生活費の不足を補うために借入れができてしまいました。

その後は正社員の仕事が見つからず、派遣会社で働いていました。


生活をしていけるだけの給料は得られるようになったものの、毎月7万円以上の返済をしても借入れの残額はなかなか減りませんでした。

そこで、自宅を残すためにも毎月の返済額を減らしていきたいと考えたKさんは、当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

任意整理の受任後にすぐに受任通知を発送し、以降の返済をストップさせました。

その間に弁護士費用をお支払いいただきましたが、借入先の件数が少なかったため、費用も少額ですみました。


債権調査の終了後、各債権者と交渉した結果、毎月の返済額は約3万円となりました。

毎月3万円の返済であればKさんにとっても負担ではなく、自宅を残したまま順調に返済を続けておられます。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


任意整理の流れ


債務整理に関するコラム

個人再生に関するコラム

自己破産に関するコラム




この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理自己破産個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら