弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】早期退職しましたが、生活が苦しくなったので自己破産できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様 Jさん 50代 男性 年収約350万円

借入額 4社 約610万円 毎月の返済額 約12万円

Jさんは、勤務先からの賞与がなくってしまうこともあり、早期退職の募集に応じて退職されました。

住宅ローンのボーナス払いもありましたが、退職金でローンの一部を返済し、任意売却したうえで、お子様が購入された住宅に同居することになりました。


退職後にはなかなか仕事が見つからず、退職金から生活費の支払と、借金の返済を続けていました。

なんとか次の仕事は見つかりましたが、思うように収入を得ることができなかったことや、配偶者様の病気による医療費が増加したことから、逆に借入が増える一方でした。


借金が増えていくことから、再度転職をし、収入は安定しましたが、医療費の負担が大きく、借金は徐々に増えていってしまいました。

その間には、宝くじやギャンブルなどで借金を減らそうと考えましたが、それも失敗に終わってしまいました。


そして、毎月の返済額は約12万となってしまい、返済ができなくなったことから、当事務所にご相談に来られました。


対応と解決方法

Jさんの収入から生活費や医療費を差し引くと返済に回すことができる余裕がなかったことや、大きな財産はお持ちではなかったことから自己破産を選択することとなりました。

Jさんから依頼を受けた後、すぐに受任通知を発送し、以後の返済をストップさせました。

返済がストップしている間、Jさんからは弁護士費用の支払いを受け、必要書類をご準備いただきました。

債権調査終了の頃に合わせて必要書類をご準備いただき、裁判所に自己破産の申立てを行いました。

Jさんは宝くじの購入やギャンブルをしていたこともあり、その点を裁判所からも指摘を受けました。

それに対してはJさんに反省文を作成していただき、裁判所に対して提出したことにより、無事に同時廃止で破産手続を進めることができました。

その後は順調に手続が進み、Jさんは無事に免責決定を受けることができ、借金がゼロになりました。

自己破産後、Jさんは、給料の範囲内で生活を送ることができています。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理・自己破産・個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら