弁護士の債務整理・個人再生コラム

【解決事例】借金がばれて婚約破棄されましたが、任意整理できますか?

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

ご依頼者様は会社員の女性です。

ご依頼者様は、カードで買い物をすることが多く、給料が少なかった頃に使い過ぎた分の返済に追われていました。

借金はありましたが、相手も知らないままに同棲生活が始まりました。遊びに行ったりするお金や、返済で生活費が足りないような場合には新たに借り入れをしたりしてやり繰りをしていました。

同棲相手の転勤に伴い、関西に引っ越してきました。結婚を前提にした同棲をすることになりました。

しかし、借金のことがばれてしまい、結婚の話もなくなり、一人暮らしをするお金もなかったため、実家に帰ることになりました。


実家の親とも相談し、親の援助も受けながら任意整理で返済をしていきたいということでご相談に来られました。

ご相談に来られた時は、借入額が約580万円あり、返済額は毎月20万円になっていました。


対応と解決方法

現在の生活状況をお聞きし、簡単な家計簿を作成しました。

かなり長期間にわたって借入をしていたため、過払い金も見込まれる状況でしたので、いったん全ての取引履歴を見てから最終方針を決定するということで受任し、受任通知をその日のうちに発送しました。


取引履歴の開示を受けたところ、過払い金の発生している会社があり、交渉の結果、借入額が470万円まで減少しました。

借入先の件数も多かったため、毎月の返済額は10万円程度が見込まれましたが、その金額であれば親とも協力して返済していけるとのことでしたので、その条件で和解をしました。


その後は順調に返済を続けておられます。また、新しい交際相手も見つかり、順調に生活を続けておられます。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないように内容を変更しております。


任意整理の流れ



この記事を書いた弁護士


弁護士 谷 憲和(大阪弁護士会所属)


弁護士登録以来10年以上にわたって,債務整理自己破産個人再生を取り扱っています。

リーベ大阪法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

シェアする

お困りごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6344-3171
お問い合わせ

債務整理で借入れの見直しを!

秘密厳守・費用分割可能!お問い合せはこちら